FC2ブログ

1/144 バンダイ HG MSK-008 ディジェ(ナラティブVer.) 製作過程⑥
2019年07月08日

6.ウエザリング

dijeh01006.jpg


ここで作業を一時停止し、ウエザリング前の機体でGallery用の撮影をします。



スミ入れ→マーキング→つや消しと進めると質感が向上してウエザリングがもったいない気もしますが、さらなるリアリティーを追求するために激しい空中戦と雪の中での地上戦をイメージしてジオラマ仕様に仕上げます。

1.足元は跳ね上げた土や雪をイメージして、レッドブラウンとフラットホワイトで汚します。
2.上半身はシルバーリーフで戦闘による傷をイメージして、やり過ぎない程度のドライブラシをエッジを中心に掛けます。
3.ジオラマベースに設置するために2機のMSと移送車輛にピンバイスで穴を空け、真鍮線を瞬間接着剤で固定します。




ホームページ更新中!

http://nishijinmodelers.secret.jp/


このページのトップに戻る

1/144 バンダイ HG MSK-008 ディジェ(ナラティブVer.) 製作過程⑤
2019年07月07日

5.スミ入れ&マーキング

dijeh01005.jpg


今回は成型色を生かして機体のほとんどを塗装しない分、質感にこだわって仕上げたいと思います。
1.濃い機体色のパーツや頭部・胸部のダクト内側は「マックスファクトリー コピックモデラー [0.02 ブラック スミ入れ用]」で、薄い機体色のパーツは「ガンダムマーカースミいれ用<グレー>」でスミ入れを行い、シンナーで拭き取ります。
2.手持ちのジャンクのリアリスティックデカールを貼り付け、RG風の密度とMSの巨大感を強調します。
3.つや消しの質感をより強調できる「GSIクレオス Mr.トップコート水性プレミアムトップコートつや消しスプレー」を吹きます。
4.最後にモノアイを接着し、付属のグリーンのホイルシールを貼ったら、完成です。




ホームページ更新中!

http://nishijinmodelers.secret.jp/




このページのトップに戻る

1/144 バンダイ HG MSK-008 ディジェ(ナラティブVer.) 製作過程④
2019年07月06日

4.ディテールアップ

dijeh01004.jpg


今回はイロプラの成型色を生かすために塗料の手間とコストは削減できますが、それでも細かい箇所で筆塗りが必要だったり、気になるポイントがいくつも見つかります。
•頭頂部のツノをシャープ化します。
•モノアイ周辺はゼータVer.のツインアイ型はなく、シールとモールドで造形されています。モノアイの起伏を削り落としてHIQ PARTSのルミドーム(蛍光ピンク)2.0mmを貼ります。付属シールには十字が入っていますが、映像にないため無視します。
•ゼータVer.ではシールドのモールドをシールで色分けするようになっていますが、ナラティブVer.にシールはなく、ブラックに塗り分けます。
•隊長機のサーチライトはシャッターが開いた状態と選択式にするため、2機の内一方の内部をくり抜いてプラ板でブラインドを作り、裏面にはホイルシールを貼り付け、ガンメタルで塗装します。



ホームページ更新中!

http://nishijinmodelers.secret.jp/



このページのトップに戻る

1/144 バンダイ HG MSK-008 ディジェ(ナラティブVer.) 製作過程③
2019年07月05日

3.組み立て

dijeh01003.jpg


パーティンラインの除去とフィニッシングペーパーで丁寧に処理を行い、ウエットティッシュで拭き取ります。

ただしビーム・ライフルはパーツの合わせ目消しが必要なため、しっかり接着剤を付け、ペーパー掛け後、サーフェイサーを吹いて塗装します。
最近はRGが続いていたので、2機製作とはいえストレスを感じずにサクサク組み立てられると思いきや、最新の技術によって複雑な構造となっており、なかなか手こずりました。動力パイプはゴム質素材となっていて、HGにしては珍しい可動力を向上させる新しいチャレンジだと感じました。

また、工程中、足の一部にシールが必要になりますが、ここは塗装することなくそのまま貼っても問題ない質感です。まずは1機を組み立て、また1機を組み立てます。




ホームページ更新中!

http://nishijinmodelers.secret.jp/


このページのトップに戻る

1/144 バンダイ HG MSK-008 ディジェ(ナラティブVer.) 製作過程②
2019年07月04日

2.塗装

dijeh01002.jpg


今回は事前の検証がポイントです。取扱説明書をしっかり読み込み、Blu-rayディスクで本編の画像やネット上の作例を検証して、塗装箇所をチェックします。
イロプラ漏れもいくつか見つかり、クレイ・バズーカなど不要パーツも多数あります。
•ポリキャップ→ジャーマングレイ
•手・足裏・バックパックと脚部のダクト内側・ビーム・ライフル先端・サーチライト →ガンメタル
•バーニア内側→ライトブルー、バーニア外側→ガンメタル
•ビーム・ライフル、モノアイ周辺→マットブラック
•ビーム・ライフルの動力パイプ→ライトブルー



ホームページ更新中!

http://nishijinmodelers.secret.jp/





このページのトップに戻る

  1. 前のページへ
  2. トップページに戻る
  3. 次のページへ

プロフィール

nishijinmodelers

Author:nishijinmodelers
 ようこそ! ホームページ「西新モデラーズ」も合わせてご覧ください!

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ