FC2ブログ

1/144 バンダイ RG RX-93 vガンダム 製作過程②
2019年10月15日

2.組み立て1

newgundam01010.jpg


まずはジャーマングレイのパーツから組み立てを開始します。白い機体色のイメージのvガンダムですが、塗装ポイントである見えない内装のジャーマングレイのパーツが多いことに驚きです。
RGながらもバーニアのイロプラ漏れやサイドアーマーのダクト内部のイエローパーツの露出など塗装が絶対に必要な箇所が見つかります。
今回は金属感よりもつや消しの質感にこだわって塗装を進めるために、極力成型色を生かします。 



ホームページ更新中!

http://nishijinmodelers.secret.jp/



このページのトップに戻る

1/144 バンダイ RG RX-93 vガンダム 製作過程①
2019年10月14日

1.イメージ

newgundam01009.jpg


最近流行りの横に広いボックスアートですが、高さは低めでパーツ点数もRGにしてはやや少なめです。ネット上ではすごくカッコイイPVが公開されています。
完成見本をみるとスタイリングやキットの質感は「MG RX-93 vガンダム Ver.Ka ニューガンダム」の1/144スケール版といった印象です。
特段新たな装備が付属するわけでもなく、RG版としての進化は可動力のみではないでしょうか。そこは、今回同時に発売された「Figure-rise Effect ジェットエフェクト」で新たな舞台演出に挑戦したいと思います。
そして今回の製作ポイントはズバリ!スミ入れです。成型色のままでも完成度が高いことから、スミ入れの拭き取りを考慮してイロプラを極力生かします。




ホームページ更新中!

http://nishijinmodelers.secret.jp/


このページのトップに戻る

1/144 バンダイ RG RX-93 vガンダム 製作過程
2019年10月13日

newgundam016.jpg

RGサザビー発売から1年、満を持してのRGvガンダムの登場です。設定上の機構や劇中のポージングが再現出来る様々なギミック、フレキシブルな可動、各関節の可動と連動して装甲がスライドする「マルチリンク・ギミック」を搭載し、白い成型色には薄いグレーの成形色を3色で配しています。「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」劇場公開30周年に間に合わせることが出来なかった原因はこの開発期間にあったのでしょう。
本キットは発売前の予約段階からネット上では一時受注停止、もしくは定価を上回る予約販売価格になりました。
さらにプレミアムバンダイからも同様に「RG 1/144 νガンダム用ダブル・フィン・ファンネル拡張ユニット」の予約が開始されましたが、こちらも即日受付終了となるなど、好きなMSの人気投票1位になるだけのことはあり、発売前からその人気は激しく加熱していました。

newgundam015.jpg


ホームページ更新中!

http://nishijinmodelers.secret.jp/



このページのトップに戻る

1/144 バンダイ RG RX-93 vガンダム
2019年10月12日

アムロ「νガンダムは伊達じゃない!」

2019.8 製作 / お気に入りランク:★★★★★ レア度:★★★☆☆

newgundam013.jpg


vガンダムはアムロ・レイがシャア・アズナブルのサザビーと戦闘を繰り広げた最後の機体です。ネオ・ジオンの「シャアの反乱」に対して、ロンド・ベル隊の隊長であるアムロが専用機として自ら設計した機体です。
武装としてはビーム・ライフルやハイパーバズーカ、ビームサーベルなどがありますが、特筆すべきは何といってもフィン・ファンネルで、複数のファンネルが展開する中でIフィールドの様なビームバリアも発生させる攻防一体型の兵器です。
物語終盤ではギュネイのヤクト・ドーガやクエスのαアジール、そしてシャアのサザビーも撃墜し、地球へ落下し始めた小惑星アクシズにサザビーの脱出ポッドを叩き込んでアクシズを押し返そうとします。その後サイコ・フレームからの光に包まれてアクシズを押し返した後、シャアとアムロは消息不明に・・・いわゆる”アクシズ・ショック"です。

newgundam014.jpg


ホームページ更新中!

http://nishijinmodelers.secret.jp/




このページのトップに戻る

1/144 バンダイ HG MSN-00100 ガンダムベース限定 百式[ゴールドコーティング]製作後記
2019年10月11日

100shiki015.jpg


鮮やかなゴールドメッキの輝きはこれこそが百式本来のカラーリングなのだと感じます。
しかしながら、ゴールドメッキゆえにゲート跡処理が困難で、デメリットでもあります。そこで今回活躍したのはガンダムマーカー(ゴールド)ではなく、ハセガワ「トライツールシリーズ TF-5 ゴールドミラーフィニッシュ」です。点ではなく面での切り取りで貼り付ける必要がありますが、ゴールドメッキとの相性がよく、後から貼り足したことに気付かないほどです。水転写デカールではないので手軽に扱えます。
反省点としてはそのゴールドミラーフィニッシュの性能を甘く見ていたために、ゲート跡をしっかりペーパー掛けして行えば細かい起伏も隠ぺい出来たと感じました。
その他にも足元のシリンダーの合わせ消し漏れや頭部アンテナのシャープ化をゴールドメッキ維持のために見送るなど、やや反省点も残る作品となりました。

100shiki016.jpg


ホームページ更新中!

http://nishijinmodelers.secret.jp/




このページのトップに戻る

  1. 前のページへ
  2. トップページに戻る
  3. 次のページへ

プロフィール

nishijinmodelers

Author:nishijinmodelers
 ようこそ! ホームページ「西新モデラーズ」も合わせてご覧ください!

アクセスカウンター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ