FC2ブログ

トップ

1/144 バンダイ HG RX-121-1 ガンダムTR-1[ヘイズル改] 製作後記
2020年08月11日

tr1_hazel_custom004.jpg

私の大好きなガンダムMk-Ⅱ〔エウーゴ仕様〕に近いマスクとカラーリング、重厚感ある下半身は私好みのどストライクのMSです。
情報量が非常に少なく名シーンも見つけることが出来ず、Photo Galleryの撮影では可動域が狭くてあまりポージングがとれませんでしたが、結果的には仁王立ちが最もカッコよく撮影出来ました。
①イロプラ漏れの補正塗装②各部ディテールの追加塗装③ディテールアップ加工④リアリスティックデカールによるRG風のマーキング⑤ジャンクシールによる補正⑥パソコンのラベルシールの活用など、今回は取扱説明書から外れた工程で製作を楽しめました。
しかしながら、これほど追加塗装に追われたキットもなかなか思い当たりません。映像化されていないために資料が少なく、組み立てながらイロプラ漏れに気付いて塗装する工程を繰り返しました。ネットや取扱説明書の画像を何度も見直しているとPhoto Gallery撮影後にも追加塗装が発生したくらいです。その他にはパーツの合わせ目消しが甘くなり、リアリスティックデカールで逃げた個所もあった点は反省です。

今回製作中にYouTubeでGSIクレオスのつや消しスプレーの比較動画を見ましたが、結論は私も同じく今回使用したスムースクリアーが見た目も安定し、ガサガサした触感もなく、スムースな仕上がりだと感じました。

現在予約中のガンダムTR-1[ハイゼンスレイ]もほぼこれと同じ工程を繰り返すことになりますが、この経験を生かして、より完成度を上げたい思います。

tr1_hazel_custom005.jpg



ホームページ更新中!

http://nishijinmodelers.secret.jp/



スポンサーサイト



このページのトップに戻る

1/144 バンダイ HG RX-121-1 ガンダムTR-1[ヘイズル改] 製作過程⑧
2020年08月10日

8.仕上がり

tr1_hazel_custom_01008.jpg


つや消し前に後回しにしたホイルシールを貼り付けます。
付属のホイルシールでは不足するためにビーム・ライフルのグリーンはジャンクシールで補い、カメラアイもジャンクシールを重ねて貼り付けて起伏を付けます。
すべてのパーツを組み上げたら、いよいよ完成!


ホームページ更新中!

http://nishijinmodelers.secret.jp/





このページのトップに戻る

1/144 バンダイ HG RX-121-1 ガンダムTR-1[ヘイズル改] 製作過程⑦
2020年08月09日

7.スミ入れ&マーキング

tr1_hazel_custom_01007.jpg


原色の濃いパーツは「ガンダムマーカースミいれ用<ブラック>」で、白いパーツは「ガンダムマーカースミいれ用<グレー>」でスミ入れを行います。
付属の水転写デカールを貼ります。
乾燥後、Mr.マークソフターで水転写デカールを馴染ませます。
可動式ブースター・ポッドの赤いラインをジャンクシールで補います。
デカールが極端に少ないために「1/144 バンダイ RG RX-178 ガンダムMk-Ⅱ〔エウーゴ仕様〕」のリアリスティックデカールを部品注文し、ガンダムMk-Ⅱに合わせたRG風のマーキングに仕上げます。
「GSIクレオス Mr.スーパースムースクリアー つや消しスプレー」を吹いてデカールをコーティングします。





ホームページ更新中!

http://nishijinmodelers.secret.jp/



このページのトップに戻る

1/144 バンダイ HG RX-121-1 ガンダムTR-1[ヘイズル改] 製作過程⑥
2020年08月09日

6.組み立て2

tr1_hazel_custom_01006.jpg


再び組み立てを始めますが、取扱説明書の中では組み立て中にホイルシールの貼り付けを指示してきますが、艶消し塗装の影響を受けないように後回しにします。
組み立てが完了したら、パーツの各所にあるリベットのモールドをシルバーリーフで筆塗りします。


ホームページ更新中!

http://nishijinmodelers.secret.jp/





このページのトップに戻る

1/144 バンダイ HG RX-121-1 ガンダムTR-1[ヘイズル改] 製作過程⑤
2020年08月07日

5.ディテールアップ2

tr1_hazel_custom_01005.jpg


ディテールアップとしての追加塗装は以下の通りです。

足裏バーニア、足の関節パイプ→シルバーリーフ
パーツの奥で筆塗りが困難な箇所やパーツの合わせ目消しには、パソコンで製作したラベルシールやジャンクシールで埋めました。

ディテールアップとしての加工は以下の通りです。
ブレードアンテナのシャープ化。
足の可動性向上のため、スカートを根元から分割。
お腹のVマークは削り取り、ジャンクパーツを接着。
肩パーツのダクトの合わせ目→イエロー(ジャンクシール)
足のイエローパーツのダクト→ブラック(ラベルシール)




ホームページ更新中!

http://nishijinmodelers.secret.jp/




このページのトップに戻る

  1. トップページに戻る
  2. 次のページへ

プロフィール

nishijinmodelers

Author:nishijinmodelers
 ようこそ! ホームページ「西新モデラーズ」も合わせてご覧ください!

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ